本文へスキップ

栃木県矢板市で地域の医療と介護を支える有床診療

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0287-43-2230

〒329-2162 栃木県矢板市末広町45-3

アクセスお問い合わせサイトマップ

外来リハビリテーション

リハビリテーションとはリハビリテーションの種類よく聞かれる質問

●訪問リハビリテーションとは

理学療法作業療法言語療法物理療法


●言語療法

■言語療法とは
脳梗塞や種々の神経疾患などが原因で発生する失語症・聴覚障害・ことばの発達の遅れ・声や発声の障害に対し、検査によってその程度を判定した上で、医師の診断のもと、訓練のプランを作成します。言葉を引きだすためのカードなどを使った訓練、発声のための筋力トレーニング、言語指導などを行い、コミュニケーション能力の改善を図ります。
また食事中にむせる・のどにつまるなど飲み込みに障害のある嚥下障害の患者さんに対しては、嚥下障害の訓練や、患者様のハンディキャップ軽減のためのご家族に対する助言・指導を行います。
当クリニックでは、患者様の障害に合わせたマンツーマンでの訓練を中心に行っています。
嚥下障害に対しては、必要に応じて栄養科スタッフと連携し、 専門的評価・訓練・食事姿勢や食形態 の助言・指導などを行っています。
■対象領域
成人の言語障害、高次脳機能障害、摂食・嚥下障害

■対象疾患
脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、頭部外傷、脊髄小脳変性症、パーキンソン病など

患者様の症状に合わせ様々なアプローチを提供しております。
言葉を引きだすためのカードなどを使った訓練

カードを使って物の名前を言う練習
●失語症
 【脳梗塞などにより、話す・聴く・読む・書くことが難しい】
  • 物の名前を言う練習や字の読み書きなどの練習
  • 実際のコミュニケーション場面に即した練習
  • 話し相手となる方への助言
    聞き手の工夫で会話がスムーズになるように助言します。
  • 代償手段の活用
    絵や文字を書いて伝える、ジェスチャーを用いるなど、話ことば以外 の残された能力を使ってコミュニケーションをとる練習をします。
構音障害の訓練

発声練習
●失語症
 【舌や口などの麻痺により、ことばがはっきりしない】
  • 発声練習
    声が出るように練習します。
  • 口腔機能の練習
    口、舌、頬など声を出すのに必要な部位の運動をします。
  • 発音の練習
    発音しにくい音を練習します。
  • 話し方の工夫
    聞き手に聞き取りやすい話し方を練習します。
  • 話し相手となる方への助言
    聞き手の工夫で会話がスムーズになるように助言します。
  • 代償手段の活用
    文字板や絵を用いるなどの、話ことば以外の残された能力を使って  コミュニケーションをとる練習をします。
嚥下障害の訓練

口の中のマッサージ

口腔ケア
●嚥下障害
 【食事中むせる・飲み込みにくい・食事に時間がかかる】
  • 嚥下練習
    食べ物を使った飲み込みの練習や、口の周りや口の中のマッサージなど行い飲み込み練習をします。
  • 咳の練習
    むせたときに、食べ物を吐き出せるように練習します。
  • 口腔ケアの実施と助言
    口の中を清潔に保つお手入れの方法やご家族への助言
  • 食事環境の設定
    安全な食事の姿勢、食事形態、介助方法の指導 など


 
0287-40-3022
尾形クリニック 0287-43-2230
交通アクセス採用情報

在宅医療地域医療連携室●医療法人社団 為王会 関連施設
尾形クリニック那須介護老人保健施設 アゼリアホームケアセンター矢板高齢者向け複合施設 ケアプラザ矢板サービス付き高齢者向け住宅 ケアコートかさね

尾形クリニック尾形クリニック

〒329-2162
栃木県矢板市末広町45-3
TEL 0287-43-2230
FAX 0287-43-3537